沿革・由緒

【当店の紹介と沿革】


この度は『里山のカフェ ににぎ』のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

当店は 秋田県を代表する観光地であり、伝統行事『大晦日のなまはげ』や 神の魚としても知られる『鰰(ハタハタ)』漁も有名な “男鹿半島”は 真山(しんざん)の麓に佇んでおります。地名や古跡、人々の暮らしと共に古い信仰の名残が今でも感じられる田んぼの中の一軒家です。古い民家を活用した住宅兼店舗は、建物の一部を改装し 現在はカフェと民宿を営んでいます。

 
店名の由来は、地元『真山神社』に祀られている 農業の神様『ニニギノミコト』の“稲穂が豊かに ニギニギしく(にぎやかに)実る”という 名前の意味にあやかりっております。

周辺の景色は季節により移り変わり、里山の四季折々の景観を楽しむ事が出来ます。また、山の入口であるこの地から、神社やお山に至るまでの古跡巡りも大変興味深く、当店の地名“塞の神”は、悪いもの の侵入を村や山の入口で塞ぐ事を意味します。

毎年大晦日には地元 真山集落の『なまはげ』が我が家(当店)にも訪れます。近く(お車で約3~5分程)には 毎年冬に観光行事『なまはげ柴灯祭り』が行われる事で知られる『真山神社』を始め、大晦日の真山集落のなまはげが再現される『真山伝承館』、その名の通り“なまはげ”をはじめとする男鹿半島の歴史や文化、風土が紹介されている『なまはげ館』、更に隣接する『里暮らし体験塾』では古くから地元で培われてきた様々な暮らしの文化を体験する事が出来ます。この他にも多くの観光スポットからディープスポットが存在する男鹿半島ですが、お客様には是非 休憩や宿泊などでご利用いただき 楽しくゆったりとしたひと時を過ごしていただけたら嬉しい限りです。

 
地元にお住まいの方達をはじめ、帰郷や移住されてきた方達、そして観光でお立寄りいただいた皆様達が暮らしや文化を通して繋がりあえる地域コミュニティーの場となれたら幸いです。ご来店の際はお店の事、地元の事など気になる点があればお気軽にお声掛け下さい。当店の由緒については別途下記にて記載いたしております。

お客様のご来店を心よりお待ちしております。

 

【当店の由緒】

地元の言い伝えと記録(写真や固定資産税課税明細書)等によれば、当店は現店主の曾祖父(※③ 猿田茂助/さるた もすけ/昭和32年 逝去76才)により昭和27(1952)年に住宅として建築されております。

竣工後まもなく、当時もまだ“お殿様”と慕われていた旧秋田藩 佐竹宗家14代当主の“※① 佐竹義栄(さたけ よしなが)”氏とその親戚に当る旧肥前鹿島藩鍋島家の方(15代当主“※② 鍋島直紹〔なべしまなおつぐ〕”氏)が、ここ真山にお越しの際に泊まったという由緒があります。(※ 画像は真山郷中の人達と家屋が竣工された当時に玄関前で撮影された写真。一列目中央が③猿田茂助夫婦、右の眼鏡に黒〔?〕のスーツの方が①佐竹氏、更に右側の眼鏡にダブルのスーツの方が②鍋島氏との事。)

これは真山神社(旧赤神神社と別当光飯寺)が佐竹藩ゆかりの祈願所として指定され 数々の寄進崇敬を受けていた事、藩政時代まで真山村の人達が周辺の山林管理を行っていた事や、明治維新(神仏分離令)から戦後までの間にかけて寺社や周辺の土地・山林を巡って混乱があった事も関係していたとされています。また曾祖父(茂助)は神社とはとても深く関わっていたそうです。( ※ 詳細は下記の人物略歴をご参照下さい。)

かつて、店主の曾祖父である猿田茂助は神社役員の中核となり、特に敬神の念が厚く多大な貢献をした事でその功績が認められ、昭和28年に秋田県神社庁に表彰されました。亡くなってから数年後(昭和54年 7月15日 真山神社 例大祭 宵祭の日)には地元有志により神社境内に胸像と顕彰碑がおかれました。当店家屋の建築資材に使われている良質な木材はその使用を認められた山林のものと伝えられ、今日まで残っております。

また、当猿田家が分家し、神社近辺から山を降りて現在の地に住まいを移して真山入口「塞の神下」に家屋が建てらている事は、厄除け(猿田=申/さる)として北東(鬼門/丑・寅の方角)に玄関が向けられている事や 地名として“塞の神(さいのかみ)”が山の入口や集落の境目・道の辻 等に名付けかている事、更には青面金剛(庚申信仰/三猿/道教)や、耳にご利益があるとされているお地蔵様(耳どっこ/仏教)等と共に近くに道祖神と習合されている共通点を考えれば、これらは全て関係性があると推測され、その痕跡は今でも神社や集落を守る意識と神仏への信仰の厚さを伺わせます。尚、真山・北浦・相川 各3集落の境目にある お地蔵様『耳どっこ』には『塞神三柱神』のお札が置かれておりますが、これを『キノミヤ(木宮・来宮・季宮)』と呼ぶのが正しい と記録があるのはとても興味深い事です。

その後、当家屋は親戚の管理なども経て 店主の祖父(佐吉)>父(實)>母>へと引継がれてきました。屋号は『さんぺのえ(家)?』と言われてきたそうですが、残念ながら我が家にも地元の人にもその意味を知る人はいません。現在は『里山のカフェ ににぎ』としてカフェ・民宿業 等を営んでおります。

 
 
【由緒に登場する人物の紹介・略歴】

〔① 佐竹 義栄 (さたけ よしなが)〕

生没年 大正3(1914)年~昭和58(1983)年

旧秋田藩佐竹宗家の十四代当主で侯爵・佐竹義春の長男。昭和13年東北大法科を卒業し、厚生省保険院、企画院第三部、技術院研究院、労働省労働統計調査部などに勤務。大学を卒業した昭和13年に襲爵し、昭和19年から23年まで貴族院議員。その後は徳川黎明会(※)監事、日英協会会長、日本国際連合協会児本部顧問などを勤める。没後、氏達の遺志により千秋公園(久保田城の本丸・二の丸跡地)用地が秋田市へ寄贈される。妻(百合子)は徳川義親(松平春嶽の五男)の三女。

(※ 徳川黎明会 とくがわれいめいかい/1931年(昭和6年)尾張徳川家第19代当主の徳川義親によって設立され、徳川美術館と徳川林政史研究所の管理・運営を行なっているほか、美術や林業に関する研究、一般への講座の開催や本の編纂などを行なっている。)

〔② 鍋島 直紹(なべしま なおつぐ)〕

生没年 明治45(1912)年~昭和56(1981)年
日本の政治家。佐賀県知事・科学技術庁長官。旧肥前鹿島藩主・鍋島家の第15代当主。

妻(則子)は佐竹義春(義栄の父)の長女。

〔③ 猿田 茂助(さるた もすけ)〕

明治16年10月25日真山村 宇吉(うきち)長男として生る。幼少より記憶力抜群大衆のため労を惜しまず、若くして部落区長に推され昭和15年3月まで永年にわたり地方自治に貢献する。特に敬神の念厚く永年の間真山神社役員の中核となり神社基本財産の確保に献身的な努力をする。また北浦町農業協同組合長として3期つとめその間 耕地整理事業に着手する。県経済連理事を任命さる。更に北浦町議会議員40年就任、その間北浦町教育委員として活躍する。昭和32年3月16日逝去 享年76歳。(昭和54年7月15日 真山神社境内 猿田茂助翁胸像 並 顕彰碑 太田忠太氏 記念碑 除幕式しおり より参照)

生前は真山神社で行われている伝統行事、1月3日の『柴灯祭り』で法螺貝を吹く為、馬雪車に乗って神社に向う姿が真山集落の人達(幼少の頃)によって目撃されており、とても信仰の厚い人物だったと伝えられている。真山神社の境内(境内入口の左側)には現在も生前の功績が讃えられ、その記念として胸像と顕彰碑が置かれている。尚、真山の猿田家のルーツについては、磯村朝次郎 著 日本海域文化研究所より編集・発行された『男鹿半島史Ⅲ 北浦史(秋田文化出版 株式会社より発売)』でも少し触れている。

 
 
上記の人物①・②を紐解くと尾張徳川家、佐賀鍋島家、秋田佐竹家は戊辰戦争で新政府方に属していた共通点があり、佐竹義栄氏は徳川黎明会の監事を勤めていた事から、藩政時代 佐竹氏の領地であった寺社・山林の事柄にも関わっていたものと推されます。

尚、これらは店主が様々な資料より抜粋し、編集したものですが、中には地元の方による言い伝え等も含まれます。今後新しい資料や情報提供に基づいて少しずつ改善される場合がございますので何卒ご理解とご協力下さいますようお願い申し上げます。

 
 
【店主のプロフィール】

猿田 真(さるた まこと) 昭和50(1975)年 8月生まれ。

秋田県男鹿市出身。

幼少期を男鹿半島北部(主に北浦地区・男鹿温泉郷 周辺)で過ごす。

男鹿市立 鹿山小学校、男鹿北中学校(第1期生)、秋田県立 秋田西高等学校(第13期生)卒業。

高校卒業後は上京し千代田工科芸術専門学校を卒業。その後関東での就労を経て2004年秋田に帰省。

地元企業に勤務し、その後結婚。子供の誕生などを機に退社。

平成24(2012)年の春 自宅である古民家を活用し『里山のカフェ ににぎ』をオープン。

平成29(2017)年には簡易宿所(農家民宿)としての営業も開始。

現在に至る。

 
〔これまでの活動〕

カフェの営業と平行しながら店内スペースや地元の施設を会場とした様々なイベントを企画し、古い伝統文化と音楽が融合するお寺を会場としたイベント『寺NOVA(テラノヴァ)』(2014~)等を主催。文化庁・秋田公立美術大学 主催のローカルメディアと恊働するアートマネージメント育成事業、『AKIBI plus 』にて「芸術価値創造拠点2/男鹿」では“男鹿半島空家ツアー(2015年)”や“ショートレジデンスプログラム「神々と生きる島を探る in 男鹿」準備講座(2016年)”にてフィールドワークやシンポジウムを企画、コーディネーターとして関わる。人口減少に伴い増加する男鹿半島の空き家(物件)と芸術や工芸を繋ぐ活動に取り組み、自らも関わる地元の伝統行事“大晦日のなまはげ行事”や“柴灯祭り”をはじめ 古くから伝わる伝統文化(衣・食・住・楽)の継承とこれから新しい文化の融合について考察&活動中。地元で一緒に活動してくれる方を随時募集中しております。

〔趣味〕

主に様々なジャンルの音楽とバスケットボール(主にNBAオクラホマシティ サンダーを応援)の観賞、工芸品と野良仕事が好き。近年は文化人類学や民俗学に興味を持ち、自らのルーツや地元を中心とした古い文化を掘り下げる事に夢中。まだまだ色々と経験は浅いですが いずれは地元で充実した里山生活を夢見る。

(※ 尚、画像の似顔絵はご来店されたお客様が伝言ノートに描いて下さったものを使用させていただきました。)