2019年 8月26日(月)★『 ラオス食堂 in 里山のカフェ ににぎ 』〜 ラオス料理 と 映画「ラオス 竜の奇跡」お座敷上映会 〜

★『 ラオス食堂 in 里山のカフェ ににぎ 』
〜 ラオス料理 と 映画「ラオス 竜の奇跡」お座敷上映会 〜

ラオスってどんな国?ラオス料理ってどんな感じ?
当日は 『ラオス食堂』主催 森さんのトークも交えながら楽しい納涼イベントを開催致します!気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:8月26日(月)
★ 当日は夜のイベント営業のみとなります。


*料理は参考画像となります。
(当日の予定メニューについては下記をご参照ください ↓ )

会場:秋田県男鹿市北浦真山字塞の神下14番地 (里山のカフェ ににぎ)

=====================

1部:お食事 『ラオス食堂』
★18時半~19時30分(約1時間半)
料金:2000円(ドリンク付き)

2部:映画 『ラオス 竜の奇跡』お座敷上映会
★20時~22時(映画) 約2時間
映画鑑賞:1000円(1ドリンクチケット付き)

=====================

男鹿半島北部の古民家カフェ 『里山のカフェ ににぎ』 にて、一夜限りのラオス食堂&映画のお座敷上映会を開催します。

第1部 ラオス料理のメニューは、ラオスの幸せが詰まったラープセット(鶏肉と香草のピリ辛和え、もち米、副菜、スープ)。
〔*ラープとは肉類を使ったラオス、タイのサラダの一種です。〕

また、第2部では 日本ラオス初の合作映画 〔日本ラオス外交関係樹立60周年記念作品〕『ラオス 竜の奇跡』(http://saynamlai.movie)を上映します。

ご予約は、当ページへの書き込み、もしくは、メッセージ、
または、店舗(里山のカフェ ににぎ)までご連絡をお願いします。
℡:0185−27−8422/担当:猿田まで

*当日は当店駐車場の他に臨時駐車スペース(徒歩約3分)を設けます。 会場には時間に余裕を持ってお越しください。

======================================

【ラオス食堂とは?】

ラオス食堂
「ラオス料理とは何か?」を追求するために始まった出張キッチン「ラオス食堂」は、毎年ラオスとその周辺国を食べ歩き、一般家庭を突撃訪問したり、珍道中を繰り返しながらラオス料理を学び、日本全国(これまで22都県で開催)で食事会、料理教室を開催しながら旅を続けています。

ラオス料理
もち米を主食として、ニンニクや唐辛子、コクのある淡水の魚醤を ”おだし” に爽やかなハーブの香りをあしらえます。ピリリとスパイシー、でも、魚の”おだし”に慣れ親しんだ日本人には、どこか懐かしさを感じるお料理です。隣国タイとは同系民族で似ている部分はありますが、山河の恵みの中で、ラオス固有の食文化を育んできました。

ラオス食堂主宰 森卓(もり・たく)
1977年大阪生まれ、富山育ち。約8カ月のバックパッカー旅行の後、2001年よりラオス在住。旅行会社勤務を経て、日本語フリーペーパー 『テイスト・オブ・ラオス』を13年間にわたり発行(17年休刊)。TVや雑誌などメディアコーディネートのかたわら、日ラオス国交60周年記念映画『ラオス 竜の奇跡』を製作し日本ラオスなどで劇場公開。現在は、出張料理「ラオス食堂」を主宰。たまに映画上映も。

ラオス食堂
映画『ラオス  竜の奇跡』 
http://saynamlai.movie/
https://www.facebook.com/saynamlay/

======================================

みなさんこんにちは!いよいよ8月に入りましたね!
暑い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

さてさて、8月下旬には残暑を乗り越えるべく当店にて美味しいイベントのご案内がございます!そしてお座敷では映画のミニ上映会も!

平日の夜ですが、外食気分やお仕事帰りにも、是非足をお運び下さい!
え?仕事があるから時間に間に合わないって??
大丈夫 大丈夫!(ボーペンニャン ボーペンニャン!)

もしお食事の時間に遅れても上映会場(お座敷ギャラリー)の後ろ席にフードコートを少し設ける予定ですのでご飯を食べながら上映をご覧ください!
(お食事を済ませたお客様はなるべく前の席への移動をお願い致します。)

次の日がお仕事の方も、休日の方も美味しいご飯を食べて残暑を乗り切りましょう〜!どうぞお楽しみに〜!!

里山のカフェ ににぎ/店主:猿田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください